使わない部位はすぐに衰える

昨日、夫の弟が「Ironman」のレースに出場し、10時間で完走した。

 

「Ironman」ートライアスロンの狂人版だ。「鉄」というだけあって、考えられないような距離をやる。

 

3.86km泳いだ後

180.25km自転車に乗って、その後

42.20km(フルマラソン)をやる

 

これって全部一緒にやるものなの?

 

距離の感覚が違いすぎて、私には理解できない領域だ。

 

一方、私は昨日8kmちょっとの距離をだらだら走っただけで今朝は筋肉痛という…。

 

ここ最近平日サボり気味で、先週末泊まりで出かけていて2週間ぶりに走ったらこのザマで気をぬくとすぐに衰えるということを改めて実感した。

 

これは全てのことに言えることだ。なかなか感じることのできない「脳みそ」や「体の内部」はどんだけの衰えが進んでいるのだろう。

 

歳を取っていくことはある頃から成長ではなく老化を呼ばれる。そして老化が肯定的に捉えられることは少ない。

 

若くてピチピチで経験が少ないことを「よし」とすれば、歳を重ねたしわしわの経験者は「よし」には当てはまらなくなる。

 

 

 

 私はとりあえず今の所、歳を重ねていくことが嫌ではない。というか、来た来たという感じだ。

 

シミもシワも白髪も抜け毛も老眼も物忘れもある。耳も遠くなって来たと思う。

 

世の中で言われるところの老化の道を順調に進んでいる。

 

でもそれとは別に今の年齢になって気づけたことがある。観念としては分かっていても実感することがなかったことを実感することができるようになって来たことがたくさんある。

 

歳を重ねれば重ねるほど、コツコツ継続するということが大事だと実感することが増え、自分を大事に扱うという意味が少しずつ分かってきた。

 

当たり前のことなんて、本当に何一つないという感覚を自分自身に対しても、また自分を取り巻く環境に対しても実感することが多くなった。

 

こういうことを体感できるようになって、すごく嬉しいと思っている。

 

 

歳を重ねることは誰も避けることができないのに、どうして「避けたいもの」みたいになってしまっているのだろう。もっと歳を取ってきたら私もそんな風に思うのだろうか。

 

歳を取ることを「失うこと」と捉えるから怖いのか。「変化すること」「経験を重ねて豊かになっていくこと」「自然の流れであること」と思っても怖いのか。

 

これからもっともっと「あったものがなくなって」「できたことができなくなる」その部分に集中してしまうと確かに怖いかもしれない。できればそこで終えることなく、人生は常に別れと出会いを繰り返し、何かを手放したら何かを得て深くなっていくと思いたい。

 

と、こんな風に理想を考えられるのは自分が恵まれた状況にいるからだ。そういう風に思える余裕がある状況に置いてもらえているからだ。

 

違う状況にいたら、違う状況になったらこんな風には思えないかもしれない。もしくは観念としては分かっていても、いろんな言い訳をしてしまうかもしれない。

 

わからないことだらけだ。

 

話もまとまらなくなってきたところで、いろいろなことに感謝しながら今日1日を過ごしたいと思う。

 

https://www.instagram.com/p/BZ9Mx1UFR5u/

Good morning

 

 

98日

今日は9月24日。今年はあと99日で終わる。なんて書いたけど、9月25日になってしまったので、今年はあと98日。

 

今年があと100日だった土曜日、職場で仲良くしている女性二人とその友人一人とギリシャレストランへ行ってきた。

 

待ち合わせは午後2時。約束の5分前には着いたものの車を停めるところが見つからない。一方通行ばかりで「ここで止まるな」とか「ここからここまでは駐車禁止」とかの表示だらけ。そもそもほとんどの道は縦列駐車された車で埋め尽くされている。

 

ぐるぐる回っているうちにレストランから離れてきてしまった。こりゃいかん!と思ってUターンしようと病院の敷地に入って進んで行く。

 

が、Uターンできるかと曲がった先はなんと高速道路の有料車線だった。

 

曲がってしまったが最後、乗るしかない。

 

あれーーーーーーっっっ(汗)

 

グーグルマップによると12キロ先まで次の出口はない。どんどんと目的地から離れて行く。高速ゆえに止まることもできない。心臓ばくばく、くらくらと目眩までしてきた。事故になってはいけない。「ガソリンも満タンだし。大丈夫!」と自分を落ち着かす。

 

なんでこういうことをしてしまうのか。

 

人生に間違いは付き物とはいえ、時々、自分でもあきれる展開になることがある。

 

2年前は、アメリカに戻る飛行機に乗り遅れた。成田エクスプレスの中で、自分が乗るはずの飛行機の搭乗案内が行われているのを目にした時の驚きは今でもよく覚えている。

 

前日、ちゃんと確認したはずなのに。なぜなのだ。

 

空港に着いた時は離陸30分前。空港は障害物競走的に乗り越えなければならないことが多い。自分の荷物も多い上に、たくさん荷物をもってる人たちがたくさん。改札口で乗車券をあのほっそい口にタイミングよく通さなければならない。

 

身分証明書チェックもある。大きなスーツケースと共にゆっくり立っている人たちに「すみません」と謝りながらエスカレーターを駆け上る。

 

 空港内を猛ダッシュ。肉離れしそうになりながらエスカレーターを駆け上がる。ゼーゼーしながらANAのチェックインカウンターを探す。やっと見つけていくと、案の定お客さんは誰もいない。スッカスカのカウンターに絶望する。

 

飛行機は離陸していないものの、飛行機のドアはもう閉まっていて離陸準備に入っているため、もう乗ることはできなかった。そもそもセキュリティなども通らなければならないことを考えれば完全にアウトだった。

 

結局は翌日の同じ便に乗ることができた。

 

そんなことを、間違って乗ってしまった高速を走りながら思い出した。

 

だんだん可笑しくなってきて一人車の中で笑った。笑えるということはいいことだ。

 

食事会にも30分遅れてしまったけれど、話の尽きない女たちの集まりではまだメニューが開かれたままで料理の注文さえ終わっていなかった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

樹と気、時

なんとなしにブログのタイトルを変えた。

 

樹と気、時

 

キトキト

 

気取った風のおっさんギャグ(おばさんだけど)っぽいところが気に入った。

 

ブログアイコンになっているのがこの写真。去年の冬、朝ラン中に撮ったものだったと思う。これをぼけっと見ていて決めた。

https://www.instagram.com/p/BPyNkcYDizt/

Tree meeting 樹々の寄合

 

この街が好きだ。

 

引っ越しが多かったこれまでの人生だったけれど、しばらく引っ越しはない。と思う。ないと願いたい。

 

私の街を自慢しようと思う。

 

街中にトレイルがある。

https://www.instagram.com/p/BX1Q8bEFj2D/

Instagram

 

湖がいくつもある。

https://www.instagram.com/p/BYTSbkMFoU7/

Sunday 6:40am

 

飛行機雲がきれい。

https://www.instagram.com/p/BYatJFAFFBQ/

Instagram

 

白雪姫の動物たちが普通にいる。

https://www.instagram.com/p/BWsCaGZFGA-/

Looks like a garden ornament まるで庭の飾り

 

 

桜が咲く。

https://www.instagram.com/p/BSYhjfDAjPz/

Beautiful morning! #sakura

 

紅葉が美しい

https://www.instagram.com/p/BMMGDctDAg6/

#秋の朝日 #fallmorning

 

樹だらけ

https://www.instagram.com/p/BRJ8GYIjqER/

Lines 線

 

雪が降る。

https://www.instagram.com/p/BRyS7DIDXiK/

Cherry tree 桜の木

 

 

きもかわな物体がいる。

https://www.instagram.com/p/BY3B9gZFVPN/

Early morning

 

すてきでしょ?